事業実績

2016年12月1日(木) 東京都立産業貿易センター/台東館 4階
第3回 LFPI フェスティバル

講演1 13:00〜13:50
中央大学研究開発機構機構教授 渡辺義公先生
Diversity and Hybridization of Waste water treatment tefchinologies
  〜下排水処理技術の多様性と、その組み合わせシステム〜
講演2 14:00〜14:50
合同会社地球村研究室代表 東北大学教授 石田秀輝先生
まだ孫の資産を減らすつもりですか?
  〜ここに答えがあります〜
特別企画 会員企業若手社員&学生参加
ワーキング 15:30〜17:00
発表・表彰 18:00〜(懇親会にて)
 

講演風景講演風景

ワーキングワーキング

ワーキング発表ワーキング発表

最優秀チーム最優秀チーム

企業ブース企業ブース

委員会ポスター委員会ポスター

企業ブース研究室ポスター

委員会ポスター研究室ポスター

2016年10月20日(木)〜21日(金)
2016年日本液体清澄化技術工業会(LFPI)総会
第5回LFPIシンポジウム

  10時30分〜12時 LFPI総会(受付10:00〜)
2016年10月20日(木) 13時00分〜17時 シンポジウム
2016年10月20日(木) 17時10分〜19時 懇親会
2016年10月21日(金) 08時40分〜16時 工場見学ツアー(愛知県常滑市)
1. 総会

表彰を受けた方々:(左から)鈴木勝夫氏(厚生氏代理、伸栄化学産業(株))、長岡裕会長、古市光春氏(マイクロテック(株))、岡野谷和則氏((株)伊藤園)、大塚雅之氏(大塚実業(株))

2. シンポジウム ① 基調講演 講師  高橋 実 先生  名古屋工業大学  名誉教授
演題「産学官連携活動について」−セラミックを事例として−
② 講演 講師  林 賢吾 先生  名古屋大学大学院工学研究科
航空宇宙工学専攻 航空宇宙教育プログラム 特任准教授
演題「民間航空機開発のよもやま話」
③ 講演 講師  藤村 俊夫 先生  愛知工業大学  工学部機械学科教授
演題「自動車の未来 -エンジン技術の動向/自動運転技術の動向は?」
 

大矢晴彦名誉顧問

高橋 実 先生 高橋 実 先生

林 賢吾 先生

 藤村 俊夫 先生 藤村 俊夫 先生

3.  第2日目 工場見学

工場見学

① ユミコア日本触媒(株)様
工場見学

工場見学
ユミコア日本触媒株式会社 テストセンター前にて

② LIXIL榎戸工場 様

工場長による概要説明工場長による概要説明

「盛田味の館」での醸造蔵内見学「盛田味の館」での醸造蔵内見学

LIXIL 榎戸工場にて
LIXIL 榎戸工場にて

2016年8月5日 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパスB5棟
LFPI 2016年 基礎実験講座−(関西開催)−
− 水質分析に関わる実習 −

講座: 10:00〜16:45
講座1 簡易分析キットを用いた水の分析
株式会社タツタ 環境分析センター 環境研究部 環境調査グループ 長沼 仁 様
講座2 水中の微粒子の粒子径分布測定
株式会社島津製作所 分析計測事業部 グローバルアプリケーション開発センター 主任 洲本 高志 様
講座3 水処理設備でのpHと塩素指示調節について
株式会社トーケミ ケミカルポンプ事業部 技術部 機器グループ 加藤 博久 様
質疑応答 16:20−16:50
交流会 17:00−18:30
 

講座1 簡易分析キットを用いた水の分析
(講師 タツタ環境分析センター 長沼仁様)

講座2 水中の微粒子の粒子径分布測定
(講師 島津製作所 洲本高志様)

講座3 水処理設備でのpHと塩素指示調節について
(講師 トーケミ 加藤博久様)

交流会

2016年7月27日 立川防災館
LFPI青年部会第29回講座(東京主催)
〜東日本大震災から5年・・・直下型地震に備え、防災を学ぶ〜
立川防災館 防災体験学習

第1部 13:30〜
立川防災館 防災体験学習
様々な体験から防災行動力等を身に付けます。
第2部 17:00〜
交流会
 

講演1 応急救護訓練(AEDの操作方法も学べました)

講演2 消化訓練(火事だ〜!! 放水開始!)

講演4 地震体験(結構激しい揺れでした)

講演5 煙体験(当館一番の人気コース)

懇親会風景

懇親会風景

2016年7月14日 横浜メディアビジネスセンター
LFPI 2016年 技術者養成セミナー

講座: 13:00〜17:10
講演1 急速ろ過
株式会社トーケミ 開発部 第一開発室 長続 雄太 様
講演2 限外ろ過
旭化成株式会社 高機能マテリアルズ事業本部 膜・水処理事業部 マイクローザ・テクニカルマーケティング部
古本 五郎 様
講演3 イオン交換
オルガノ株式会社 開発センター 機能材グループ 横田 治雄 様
講演4 流体力学の基礎
栗田工業株式会社 開発本部 SGプロジェクト 岩﨑 守 様
交流会 17:30−19:30
 

講演1 急速濾過(講師 トーケミ 長続雄太 様)

講演2 限外濾過(講師 旭化成 古本五郎 様)

講演3 イオン交換(講師 オルガノ 横田治雄 様)

講演4 流体力学の基礎(講師 栗田工業 岩﨑守様)

2016年7月8日 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパスB5棟
2016年技術者養成セミナー(関西開催)
− 水質分析に関する基礎 −

講演1 13:05−14:05
水環境を巡る変化と水質試験
(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所 環境研究部 環境調査グループ 相子 伸之 様
講演2 14:05−14:35
生物応答を利用した排水管理手法(WET)について
(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所 環境研究部 環境調査グループ 技師 上田 真由美 様
講演3 14:45−15:35
粒子計測技術について
株式会社島津製作所 分析計測事業部 グローバルアプリケーション開発センター 主任 洲本 高志 様
講演4 15:35−16:25
水質自動分析について
株式会社堀場アドバンスドテクノ 営業部 大阪セールスオフィス 徳田 奈央 様
講演5 16:25−17:15
水の分析
株式会社タツタ 環境分析センター 顧問 長沼 仁 様
質疑応答 17:15−17:30
交流会 17:45−19:00
 

講演1 水環境を巡る変化と水質試験
(講師 大阪府立環境農林水産総合研究所 相子伸之様)

講演2 生物応答を利用した排水管理手法(WET)について
(講師 大阪府立環境農林水産総合研究所 上田真由美様)

講演3 レーザー回折・散乱法を用いた粒子径分布の測定技術について(講師 島津製作所 洲本高志様)

講演4 排水処理設備と水質測定機器
(講師 堀場アドバンスドテクノ 徳田奈央様)

講演5 水の分析(講師 タツタ環境分析センター 長沼仁様)

交流会

2016年5月26日(木) 北九州地区
LFPI 環境・エネルギー委員会主催 見学講演会
北九州の海水淡水化施設を訪ねる――省エネルギーとリサイクル――

1) 海水淡水化センター まみずピア(プラント見学)
2) 海水淡水化・下水再利用統合システム ウォータープラザ北九州(プラント見学)
3) 講演会(ウォータープラザ北九州 会議室にて)
  • 北九州市の上下水道事業の海外展開(主にベトナム・ハイフォン市での取組)‥‥北九州市水道局
  • 加熱水蒸気処理と湿式精錬によるリサイクル技術開発‥‥北九州市立大学 大矢仁史教授
 

まみずピア 見学会

まみずピア 見学会

まみずピア 見学会

2016年4月13日(水)〜 4月16日(土) LFPI台湾視察ツアー
〜“松本先生と行く第12回世界ろ過会議と台湾企業視察・技術交流会”〜

行事内容 ろ過会議関連展示会
企業訪問(#1)
企業訪問(#2〜3)
台湾膜R&Dセンター(CMT)見学(#4)
技術交流会
企業訪問(#5)(現在調整中)
 

2016年台湾台北市での第12回世界濾過会議展示会場にて

2016年3月30日 東京都立産業貿易センター/台東館 4階展示室 南側半室
リクルーティング(人材募集)企画
「第3回 LFPI 合同企業説明会」

 

プレゼンテーション1プレゼンテーション1

プレゼンテーション2プレゼンテーション2

2016年2月24日 海遊館
第28回 LFPI青年部会講座 『海遊館のライフサポートシステム見学会』

第一部 13:30〜
講演&施設(バックヤード)見学
講師 株式会社 海遊館 設備チーム 石田様
題目 「海遊館のライフサポートシステム」
第二部 15:00〜
海遊館一般コース見学
第三部 17:00〜
交流会 (大阪港駅周辺)
 

講演状況講演状況

見学風景見学風景

集合写真集合写真

交流会交流会

2016年2月5日 湘南地区
第16回 基礎実験講座(関東支部) 会員企業の若手社員のスキルアップ

講 座 10:00-17:00
講座1 :
凝集反応試験 ハイモ株式会社 湘南研究センターにて
ハイモ株式会社 湘南研究センター 評価分析グループグループリーダー 米本 亮介 様
講座2 :
クロスフロー平膜試験 アルファ・ラバル株式会社 湘南センターにて
アルファ・ラバル株式会社 湘南センター 分離技術試験室 課長 青木 裕 様
交流会 17:30-19:00
アルファ・ラバル株式会社 湘南センター 1Fセミナールーム
 

凝集反応実験(A班)凝集反応実験(A班)

凝集反応実験(B班)凝集反応実験(B班)

交流会交流会

平膜実験(A班)平膜実験(A班)

平膜実験(B班)平膜実験(B班)

1997年 1998年 1999年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年