報告書

LFPI『廃フィルターの有効利用と処理・処分』WG
使用済み有機系フィルターエレメントの処理・処分に関する報告

詳細はこちらからご覧下さいPDF(00KB)

 日本液体清澄化技術工業会(LFPI)では、使用済み有機系フィルターエレメントの適切な処理・処分に関する問題提起がユーザー及びメーカーから寄せられたため、2004年10月からメーカー会員等10社による『廃フィルターの有効利用と処理・処分』WG(主査:松本幹治LFPI代表幹事)を立ち上げ、使用済み有機系フィルターエレメントの現状の処理・処分方法及び問題点について約1年にわたり検討してまいりました。その結果、本WGで調査・検討した情報を提供することが会員及び地球環境問題に貢献することになると考えましたので、以下に報告いたします。

内容

  • ユーザーが実施している処理・処分方法の現状
  • 処理・処分に関する法律、技術、コストの問題点
  • 工業会の当問題に対する今後の展開